涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.3 朝比奈みくる

スポンサードリンク

涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.3 朝比奈みくる
涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.3 朝比奈みくる朝比奈みくる(後藤邑子) 畑亜貴 橋本由香利

ランティス 2006-07-05
売り上げランキング : 11


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本CDはアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の登場キャラ、朝比奈みくるのキャラクターソングCDです。
キャラCDですので全曲後藤邑子さんがソロで歌われます。「ハレ晴レユカイ」のソロVerが楽しみです。 本CDの構成はこうです。

(曲目リスト)
1.見つけてHappy Life
2.時のパズル
3.ハレ晴レユカイ
4.見つけてHappy Life(off vocal)
5.時のパズル(off vocal)
6.ハレ晴レユカイ(off vocal)

作詞はコナミのサウンド担当を経て、
「ハレ晴レユカイ」の作詞をされた「畑 亜貴」氏が全曲作詞されています。
作曲は3曲の内2曲は「田代智一」さんが担当されます。
畑&田代コンビは「ハレ晴レユカイ」の作詞・作曲の黄金コンビですので期待大です。
もう1人の作曲者「橋本由香利」氏は「月詠」のEDテーマ「悲しい予感」の作曲や、
「モーニング娘。」の「声」の編曲等を手がけられています。


【レビュー】

■朝比奈みくるの魅力を余すところなく伝える、非常にレベルの高いキャラソン

SOS団のマスコットにして、視覚面、行動面、思考面、言動面等あらゆる面から見て「唯一にして究極の癒し系キャラ」と言える朝比奈みくるのキャラクターソング集です。
演じる声優さんが、これまたぽんこつ属性癒し系声優の第一人者・後藤邑子嬢とあってこの癒しの相乗効果は実に絶大。彼女の歌う『恋のミクル伝説』(テレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の劇中歌集CD『涼宮ハルヒの詰合』に収録)が「これは朝比奈みくるを現実に召還する呪文か?」と思わせる程の(若干誇張あり)表現力を感じさせる傑作だっただけに、このCDにも大いなる期待を寄せて購入しました。
このCD収録の楽曲は『恋のミクル伝説』とは方向性が明確に異なる"極一般的な"キャラクターソングです。『恋のミクル伝説』は飛び道具的な要素も濃く、その歌いっぷりに引いてしまう方もいたかと思いますが、こちらはより広いファン層に向けた楽曲と言えますね。但し、癒し系のパワーは何ら劣るところがありません。
『見つけてHappy Life』は、冒頭の「すりーつーわん、ハイ」を聴いた瞬間から全ての緊張が解きほぐされ、みくるの健気さ、ポジティブさ、一生懸命等がダイレクトに伝わってくる歌詞の内容、明るくポップなメロディライン、癒しオーラ全開の歌いっぷりにこの世の憂さが全て飛んでしまうような一曲ですね。
一転『時のパズル』はスローテンポでややネガティブな歌詞になっていますが、原作文庫本『涼宮ハルヒの動揺』収録の短編『朝比奈みくるの憂鬱』を一読してみれば、彼女の気持ちの裏側を明確に表した、やはり彼女らしい楽曲であると感じることが出来ると思います。この対比の妙がみくるの存在を実に雄弁に物語っており、キャラソンとしてのレベルの高さを感じさせてくれました。
また、『ハレ晴レユカイ』みくるソロヴァージョンは朝比奈みくる(大)を感じさせてくれます。こういった付加要素も実に嬉しい一枚ですね。

■みくる節炸裂!

トラック1の「見つけてHappy life」は、
「開始1秒でヤられる」という表現がぴったりです。
最初からみくる節全開の、ほのぼのとした曲です。
アレンジ自体はどちらかいえばアップテンポな、
賑やかな感じになっていますが、
それを感じさせないのは、やはり後藤邑子さんのボーカルでしょう。
曲の最後のため息といい、楽しくも穏やかな気持ちになる一曲です。

トラック2「時のパズル」はさらに癒し系のナンバー。
サビの「甘く香るお茶はいかが?」という歌詞よろしく、
お茶でも飲みながらノンビリと聞けるような曲です。
それでいて、みくるのキョンに対するメッセージソング的な面も強く、
とても切ない歌詞になっています。
「朝比奈みくる」というキャラの二面性をよく表しています。

■ゆっくりしていていいです

始めて聴いたとき「あぁー、朝比奈さんだ」と思いましたね。
曲自体がふんわりと落ち着いた感じなので聴いていて心が癒されます。
アップテンポな曲が多い『涼宮ハルヒ』シリーズの中では異色な存在となっているんでしょうが個人的には大好きです。

■とろけるような歌声

ほわんわかした曲がメインでとても心地良かった。
とくに1曲目の終わりでみくるの声で胸を撫で下ろすように
一息吐くのが特に良かった。お茶しながら聴くにはもってこいですよ。

| CD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。