涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

スポンサードリンク

涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
海洋堂 2007-01-25
売り上げランキング : 12

おすすめ平均 star
starキャラのイメージは良くとらえてるようですが…
star原作のイメージを立体化。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【商品の説明】
「涼宮ハルヒの憂鬱」に登場する「朝比奈みくる」がメイド姿で立体化。原型製作宮園博久。
劇中において毎回様々なコスプレを披露するみくる。
本作では、中でも印象深いメイド姿を立体化。
原型制作は、2006年11月に「魔法少女ネコX」ペケでマスプロデビューを飾る、気鋭の造形家・宮園博久が担当。


製品の特徴:
「涼宮ハルヒの憂鬱」より人気の「朝比奈みくる」がPVC製塗装済み完成品として登場!
本体サイズ : 約23cm
対象年齢 : 15歳から
(C)2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

【お客様の感想、口コミ】
◆キャラのイメージは良くとらえてるようですが

原作二巻の表紙をフィギュア化したものですが、髪の大げさなハイライトとか前髪越しに見える眉毛などの漫画的表現を塗装でそのまま再現するってのはちょっとどうかなぁと。
ああいう二次元の嘘は、イラストを立体的に見せるための表現であって、それを立体上に塗装するのは流石にやりすぎのような、とか何とか。
あと、元のイラストが膝から上までだったというのも影響しているのかもしれませんが、膝は内股なのに足首は開いてるとか、むしろ純粋に脚が長すぎとか、造型もあちこち微妙な感じがするので、評価は星3つと言う事で。

◆原作のイメージを立体化

原作『涼宮ハルヒの溜息』の表紙絵のみくるを立体化。期待大です。
少し先に1/6スケールのバニーガールみくる(アトリエ彩)が出そうですが
アニメのイメージにはそちらが近いかもしれません。
でも原作ファンはこちら海洋堂版でしょう。
私の場合は「涼宮ハルヒ」=アニメなんですが、
それでもこちらがカラフルで楽しく、
少なくとも服装は断然キュートでかわいい。
特に後ろから見ると足が長すぎるのが目立ちますが、
同じキャラでも等身を変えて表現したりするのと同じように
わざとデフォルメしているのでしょう。
クレイズ版水着セイバーなども実際より明らかに足は長いですが、、
それはフィギュア化の一つの様式と捉えることもできます。
リアルに表現することが正解でないのは平面上でも立体化しても同じこと。
それに厳密に言うならこのみくるの場合、足が長すぎるというより
元絵の胴が短すぎるということだと思います。いわば元々デフォルメされているのです。
表紙絵が膝下あたりまでですからその下の表現というのは膨らませたイメージになる。
表紙絵のみくるは内股ですが、立体化にあたり足首まで内側に向けてしまうと内股を強調しすぎることになる気がします。
的確にイメージ化しリアルな表現をしないことで
(表紙絵を)リアルに再現していると思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。